FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転身 1

1997年10月

いつの間にか、夏が終わり、肌に秋の風を感じるようになっていた。

私の娼婦ライフは、ますます順調だった。
大学が夏休みの2カ月余りの間、ほとんど娼婦稼業に専念していたせいで、リピーター客が増え、顧客リストも80人ほどになっていた。

もう金曜の夜、土曜の午後・夜だけではさばききれず、日曜日もお客を取ることが多くなった。8月の稼ぎは30万円近くにもなり、完全にアルバイトという範囲を越えていた。

9月の終わりに、新宿5丁目のワンルーム・マンションを、関口社長に保証人になってもらって借りた。
やはり、主な稼ぎ場は新宿なので、時間的に金銭的にも目黒の家から通うのが面倒になってきたからだ。

ほぼ新築に近い4階建てのワンルームマンションの住人は、ほとんどが水商売か風俗嬢のようで、深夜、派手な服装で出入りしても、周囲の目を気にする必要がないのが、ありがたかった。

部屋は、8畳ほどのフローリングで、壁紙が薄いクリームなのが気にいった。
広さの割にクローゼットが大きいのは、利用者の仕事を考えてのことだろう。
それに小さなキッチンとユニットバスが付いていた。

私は、そこを完全に女の子の部屋にした。室内には男を感じさせる物は何一つ置かない。
家具は、折りたためるソファーベッドと、メイク台を兼ねた小さなテーブル。それと、3段の小さな引き出し箪笥。それでもう一杯だった。

引き出し箪笥の上段には黒や赤など色とりどりのブラジャーとショーツ、それにキャミソールやタンクトップ、中段にはお気に入りのコルセットとガーターベルト、それにストッキング、下段には革の股間ベルト、各種のアナルプラグやバイブレーターなどを収納した。

クローゼットには、派手な色柄の挑発的で露出的なワンピースやOL風のスーツまでをズラリと並べた。
引き出しに入りきらなかった革のマイクロミニなどのスカート類や、赤と黒と2セット持っている革の拘束衣も、通気性も考えてクローゼットに吊るした。

この部屋に他人を入れる気はなかったが、誰かが入ってきたら、一目でこの部屋の主の職業がわかっただろう。

この部屋は、週末金曜の夜から日曜の夕方までを娼婦として過ごすために借りた。
しかし、そのうち、週中の夜にも、ここを拠点に夜の街を流すようになってしまった。

(続く)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

風祭順子

Author:風祭順子
10年前まで、男性として大学講師をしていました。
その後、女装マゾの世界に溺れ、とうとうニューハーフ娼婦に堕ちました。
約8年間、毎週2~3日、娼婦として男性の性欲のお相手をする日々を過ごしました。

このブログでは、「なぜ、私は堕ちたのか?」、そのいきさつを書いてみようと思います。
画像は、4年前の私の姿です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。