FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨根の源さん4

元日の午後、あたしは代々木八幡の源三さんの部屋にいた。

正直、古いアパートの部屋を想像して行ったら、意外にも小奇麗なマンションの2LDKの部屋だったので驚いた。

しかも、食卓には鮪と平目のお刺身と煮しめが載っていた。

「俺、若い頃、板前の修業してたんだ」

源さんは、相変わらず口数は少ないが、それでも嬉しそうにビールを注いでくれた。

料金といっしょに渡された手紙を呼んだ翌日、あたしは源さんに電話して、
「元日の午後なら空いていると思いますけど、確実にうかがえるかはわかりません」
と伝えた。
7割方、行く気はなかった。

源さんは、
「わかった。来れるなら、その日でいいから電話してくれ。場所は代々木八幡だから」
と言った。

大晦日の夜、あたしはSMプレイ好きの常連客の朝倉さんと麻布のSMホテルにいた。

赤革の拘束衣姿で水平吊りにされ、アナルに巨大バイブを仕込まれて、鎖をきしらせながらよがっていた。
新しい年を迎えた瞬間、「あけましておめでとう」と朝倉さんのチンポがフェラ轡をされた口に突っ込まれた。

その後も、責めにもだえる姿をビデオに撮られ、ふらふら状態で新宿の部屋に戻ってきたのは、もう明け方だった。

そして、目が覚めたのは、もう昼近かった。
さすがに元日は、お客の予約は入れてない。
このまま夜までベッドでごろごろしてようかとも思った。

その時、なぜか、ふと源さんの顔が浮かんだ。

あたしはシャワーを浴びて、身支度を始めていた。

そして、今、源さんの部屋にいる。

ひとしきり、手作りの料理を肴にビールを飲んで、あたしは、御礼に無料でおフェラをして、帰ろうと思っていた。

ところが、源さんは、
「初詣、まだだろう。いっしょに行くか」
と言いだし、あたしの返事も聞かずにジャンパーを羽織る。

初詣は、マンションから数分の代々木八幡神社だった。
都会の真ん中とは思えない森の中の石段を登り、社殿の前に源さんと並んで手を合わせた。

なぜ自分がこんなことをしているのか、不思議に思いながら。

その後、あたしは月に3~4回のペースで源さんの部屋に行くようになった。
源さんのは綺麗好きなので、あまりすることもなかったが掃除や洗濯をし、食事の材料を買い物し、ご飯を炊いて、源さんの帰りを待つこともあった。
もちろん、毎回ではなかったが、あの極太チンポでたっぷり可愛がってもらった。

そんな、通い妻の真似事が、源さんが田舎に帰るまで3年ほど続いた。
無口で武骨で背が小さく、見かけはまったく冴えない人だったが、なにか私の心の空白を埋めてくれる存在だった。

(了)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

巨根の源さん3

いったん飛んだ意識が、極太チンポが引き抜かれる刺激で戻ってきた。

「ああ~っ」
思わずあえぎ声が出てしまう。

ズボッっと音を立てて源三さんのものが引き抜かれた後、限界まで広げられたアナルはポッカリと口をあけたまま、すぐには閉じず、逆流してきたザーメンがボタボタと垂れ落ちる。

脱力した身体は貫かれていた杭の支えを失い、あたしは非常階段の踊り場にしゃがみ込んだ。

なんとかショルダーバッグからテッシュを取り出すと、丸めてザーメンを垂れ流すアナルに突っ込み、栓をする。

その間に、身支度を整えた源さんが、「じゃあ、これな」と茶色い封筒を差し出した。

いつもは裸の札2枚を渡すのに・・・。

私が怪訝な顔をしたのを見て、「手紙、入ってるから、明日、電話くれ」とだけ言って、行ってしまった。

時計を見ると、2時半。
脱力してしまった身体がきつい。
今日はもう仕舞にして帰ろう。

あたしは、テッシュを外してアナルプラグ付きの股間ベルトを締めて、お腹のほうにたくし上がったマイクロミニの裾を下ろす。

商売をした後、こうやって屋外で身支度を整えることにも、もうすっかり慣れてしまった。

ゆっくりと非常階段を下りる。
少し歩いたところで、源さんの「手紙」が気になった。

街燈の下に行き、封筒を開いた。
中には万札2枚と、便箋が1枚。

「正月、暇だったら、俺の家に遊びにきませんか。明日、電話ください」

意外にも紳士的な文面が、端正な字で記されていた。

自宅への誘いという内容に驚くとともに、なぜ?という思いが湧きあがってきた。


巨根の源さん 2

一息ついたのも束の間で、すぐに源さんが動き始めた。

ぎりぎりまで押し広げられたアナルを太い木の根っこのような極太ペニスが前後する。

「お~ぁ、ああ、すごい、おお~っ、あああ~っ」

巨根で尻を犯されるマゾヒステックな快感にあたしは叫ぶしかない。

最初はギジギシときしんでいたアナルも、5回、6回と出し入れされるうちに、だんだん練れてスムーズになってくる。

それに応じて源さんが、動きを速める。

毎日数回のアナルファックで、すっかり肥厚して敏感になっているアナル粘膜を極太のチンポで激しく摩擦され、あたしはよがり狂っていく。

「ああ、いい、いいいい~っつ、源さんの太チンポ、いい、いい~ぃ、すごい、すごい、いい~ぃ、いい~ぃ、ひ~~っ、狂っちゃう、狂っちゃう~ぅ」

「すげえ、すげえ、順子、すげえ締め付けだ。そら、もういくぜ、いくぜ」

源さんが、ぐい、ぐいっとさらに力強く打ちこんでくる。

「いい、いいい~っ、ああ、いく、いく、いく~~~っ!」

あたしの意識が飛んだ瞬間、源さんの大量のザーメンがアナルの奥に噴射された。

巨根の源さん1

1997年12月27日(土)

「ああ、あ~っ、きつい」
「ほら、もう少しだ」

ともかく太いのだ。長さは標準より少し長いくらいだが、まるで握りこぶしのような感じで、しかも、ゴツゴツしている。

身長160cmもない小柄な源三さんの股間に付いているのが不思議なほどの逸物だ。

「はぁ~ぁ、あ~っ」
「よし、根元まで入れるぞ」
「ああ~っ、ああ~」

これだけの巨根を立ちバックで受け入れるのは、いくら徹底的に拡張訓練されたあたしのアナルでもたいへんだ。
後ろに回した両手で尻の肉を思い切り割り開き、尻を突き出すようにして、なんとか受け入れようとする。

普通、かなりの巨根でも雁が入れば、あとは楽になるのだが、源さんのは根元まで太い。

もうあたしの「穴」はぎりぎりまで拡張されている。

はぁ~~っと大きく息を吸い込んだタイミングで、ググッと入った。

「よし、順子、根元まで入ったぜ」
「ああ~っ、すごい、源さん、源さんの太チンポすごい、すごい!」

極太チンポに弱いあたしは、もうこの段階で頭がおかしくなりはじめている。

あたしが源三さんの巨根を受け入れているのは、花園神社の近くの五丁目の雑居ビルの非常階段だ。

非常階段の狭い踊り場で、手すりで身体を支えてシルバーのフェクファーのコートから尻を突き出したあたしを、一段高い場所から源さんが犯している。

背の低い源さんと、ヒールと盛り上げた髪で180cm近くあるあたしとが結合するのは、これがちょうどいい。

源三さんは新宿のあるデパートの警備員をしている。

最初の出会いは夏の明け方だった。
伊勢丹の裏通りで立っていたときに声を掛けられた。

ズボンから引き出された物を見て、欲しくてたまらなくなった。
初めて見た異形の巨根を、時間をかけて、なんとか飲み込んだ。
私もよがり狂ってしまったが、いつも、娼婦を買っても拒まれることが多い源さんはとても喜んでくれた。

以来、月末の給料日の後、必ず電話がかかってくる。

あたしもそれを楽しみにしていた。
プロフィール

風祭順子

Author:風祭順子
10年前まで、男性として大学講師をしていました。
その後、女装マゾの世界に溺れ、とうとうニューハーフ娼婦に堕ちました。
約8年間、毎週2~3日、娼婦として男性の性欲のお相手をする日々を過ごしました。

このブログでは、「なぜ、私は堕ちたのか?」、そのいきさつを書いてみようと思います。
画像は、4年前の私の姿です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。