FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋外で 4

「お前、順子って言うんだよな。いい尻してるな。またかわいがってやるよ」
と、言いながら、すっかり満足した男が立ち去っていった。

「お願いよ。毎週だいたいここら辺にいるから。たっぷりサービスするわ」
私は、息もたえだえに答える。

晩秋の夜中の冷たい風がむきだしの乳房をなぶり、私を正気に戻した。

男になぶられた路地裏のビルの入口に腰が抜けた状態でへたりこみ、少しの間、意識がなくなっていたらしい。

私は、バッグからティッシュペーパーを取り出すと、数枚を丸めてポッカリ広がったアナルにねじこんだ。

こうしないと注ぎ込まれた男のザーメンが歩いているうちにダラダラと垂れ落ちてきてしまう。
こんな恥ずかしい作業を人通りの少ない路地裏とは言え、道端で平気でするような女に私は堕ちていた。

ウェットテッシュでアナルの周囲と肉棒の先を拭い、コートのポケットに入れてあった布切れのようなショーツを履き、まるで腹巻のようにたくし上がっていたレザーのミニスカートを下ろす。

時計をみると3時10分前。まだまだ稼げる時間帯だ。
でも、もう身体がいうことをきかない。

私は、よろよろと立ち上がると、靖国通りの方向に歩き始めた。

10分ほど歩いて新宿5丁目のワンルーム・マンションの部屋にやっとたどり着いた。

私は、バスルームの床にしゃがみこむと、カリ首を拘束していたステンレスリングをはずす。
次にスティックの茎部分を締め付けていた幅広の革ベルトと根っこを拘束していたリングを外す。

三重の拘束で堰止められていたザーメンがダラダラと流れ出す。何度も何度も上り詰めたのですごい量だ。
でも、以前に比べればかなり薄くなっている。
もう2年近く続けている女性ホルモンの連続投与で、私の睾丸の造精子細胞はもうすっかり破壊されているからだ。
弛緩したペニスから溜まっていた尿がチョロチョロと流れ出した。

アナルに詰めていたテイッシュを外すと、最期の男に注ぎこまれた大量のザーメンが垂れ落ちてくる。
シャワーのノズルを外して、ホースを直接アナルに入れて洗浄する。

身体の内外の汚れを洗い、お湯に入って身体を温める。
私にとっての唯一と言える至福の時間。危うく湯船の中で眠りそうになってしまう。

お風呂から出ると肌の手入れ。これはいくら疲れていても欠かせない。
顔に美容液、全身にローションを塗る。
特に乳房とヒップには入念に。
そして商売道具であるアナルの内部にも感染防止と鎮静作用のある薬液を塗りこむ。

朝5時、アナル娼婦順子の一日が終わった。
スポンサーサイト
[PR]

屋外で 3

「ねぇ、延長して。ホテルでたっぷり朝までかわいがってよ。 おフェラともう一度アナルで追加は1万円でいいわ」

まだふらつく腰を起こしながら甘えた声で男に言い寄る。
私の料金はおフェラとアナルのセットのショートで15000円。
朝までにもう1人お客を拾えるかわからないし、この男に延長してもらえば、 今夜の水揚げは50000円になる。

「延長してやるよ。だけどホテルじゃなくこのまま外でかわいがってやる」

開いたアナルから路上にポタポタとザーメンを垂らしながら男に連れていかれたのは、靖国通りを渡った伊勢丹の裏の路地だった。

少ないとはいえ人通りがある道の道のシャッターが降りたビルの入口で、男は1万円札を手渡しながら股間を露出し、私を膝まづかせた。

私は男の放ったザーメンと自分の淫水にまみれた肉棒をおいしそうに嘗めはじめる。

「ああ~、おいしい」
「そんなに好きか、淫売」
「すきよ。太いチンポ大好きよ。あ~大きくてすてき」

肉棒がすっかり硬さを取り戻した。
男はあたしの頭をつかむと最初はゆっくり、そしてだんだん激しく前後に動かしはじめる。
強制口淫、イラマチオだ。
男のたくましいものが喉の奥に当たり、そのたびに私はうめき、込み上げる吐き気をこらえる。
口を無理やり性器にされる感覚はフェラチオよりはるかに屈辱的だ。

私の口を使って十分に性感を高めた男は、立ち上がって尻を突き出すように命じる。

「お前、人に見られながらやられるの好きだよな」

見抜かれている・・・。

男はそう言いながら1度目に送り込まれた精液で十二分に潤っている私のアナルに一気に押し入ってきた。

「おぁ~ぁ、すごい、すごい、いいわ~ぁ」
「ほら、そこで通行人のオヤジが立ち止まって見てるぞ」
「見て、そこのオジサン、見て~ぇ。いいわ、 ああ~っ、見られると、あたし、感じるの~ぉ」
「ケツマンコにチンポぶち込まれて気持ちいいです、って大声で言ってみろ」
「ああ~っ、ケツマンコに大きなおチンポぶち込まれて順子、気持ちいいです~ぅ」

男のたくましい肉棒ですっかり柔軟性を増したアナルをぐいぐいと練り込まれる。
すごい快感。突きこねられるたびにアナルの粘膜から放たれた電流が脳細胞に伝わり、理性を破壊していく。

「いいわ、あああっ、ああ~っ、 いくうううっ、 うぐ~っ、 いい~~っ、 あは~ぁ、 またいくうううぅ、 ひ~~っ、いい、いいわ、いいわ、 ああ~っ、く~~っ、気がくるっちゃう~っ」

股間のスティックは、根元と雁首に射精防止用のピアスリングを付けた上に幅の広い革ベルトで茎の部分をがっちりと締め付けている。
そうじゃなかったら、私は間違いなく大量のザーメンを噴き上げてしまっただろう。
それでもせき止めきれなかった淫液が、そこだけ露出している亀頭の先端から糸を引いて地面に垂れていく。

いきなり絶頂をめざしての激しいピストン運動が始まった。

「ど淫乱のおかまの立ちん坊のくせによ、ほらこうしてやる」

男の小指が私の肉棒の先端の鈴口にもぐる。

アナルを男の太いもので犯されながら、 肉棒を刺激され、Cカップにまで膨らんだおっぱいの先端から突き出た肥大した乳首をねじるようにつままれる。

「ああ~っ、そこ、いい、いいい~ぃ」
「いいか、いいか、ほら、もっと狂え、雌になれ、おまえは雌だ、ほらもっと狂え」

身体の芯が溶けるようなこれ以上ない最高の快感。 私はもう半狂乱だ。

「 いい~~っ、 あは~ぁ、 またいくうううぅ、 ひ~~っ、いい、いいわ、いいわ、 ああ~っ、く~~っ、出して~ぇ、順子の中に出して~ぇ、あ~ん、いくうううぅ」

やがて男のザーメンが再びどくどくと腸の奥に注ぎ込まれるのと同時に、私も「ひ~ぃ、いく~~ぅ」と淫らな叫び声をあげて2度目の絶頂に達した。

プロフィール

風祭順子

Author:風祭順子
10年前まで、男性として大学講師をしていました。
その後、女装マゾの世界に溺れ、とうとうニューハーフ娼婦に堕ちました。
約8年間、毎週2~3日、娼婦として男性の性欲のお相手をする日々を過ごしました。

このブログでは、「なぜ、私は堕ちたのか?」、そのいきさつを書いてみようと思います。
画像は、4年前の私の姿です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。