FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立 6

「順子、大丈夫かい」
永沢さんの声で、気が付いた。

縄を解かれ、身体の上には布団がかけられていた。
半身を起そうとするが、脱力していて、すぐには起き上がれない。

永沢さんは、すでに身支度を終えていた。

「今度は、再来週の土曜日、今日と同じ時間、同じ場所で。予約確認の電話を入れるから。僕は、予定があるから、悪いけど、先に帰らせてもらうよ。この部屋、1時間、延長しておいたから、ゆっくり身支度して帰りなさい」

「すいません。ありがとうございました」

半身を起して、そう言うのが、やっとだった。

シャワーを浴びて、股間を洗い、アナルプラグのついた股間ベルトを締めて、服を着る。
乱れた髪と化粧を直し、バッグを取り上げようとしたら、外ポケットに2つ折りにした1万円札が1枚入っていた。
料金の3万円は、前払いでもらっているのでタクシー代のつもりだろう。

電話をかけて、「帰ります」と告げる。
外はもう夕方の気配になっていた。

母屋の玄関に鍵を返しに行くと、先ほどの無表情な年配の女性が出てきた。

「お世話になりました」
「門を出て左に行ったら、じきに駅に出ます」
頼みもしないのに、道を教えてくれる。

「すいません。なんという駅ですか?」
「・・・石川台です」
「え~と、たしか池上線?」
「そうです」
「ありがとうございます」

会釈して、玄関を出ようとした。

「お嬢さん、あなた、駄目ですよ」

声に振り向く。
「は?」
「あなたのようなお商売をするのなら、自分の居場所をちゃんとわかっていなくちゃね。男の人の言われるままに連れていかれたら、危ないですよ」

そう言う女性の表情は、先ほどより和らいでいた。

「はい、そうですね。気をつけます」

「ここ、もう古くなったので、来年には壊してしまうのですけど、それまでで良かったら、またいらっしゃい。少しだけど、戻しますから」

「はい、じゃあ、またお世話になるかもしれません」

「戻す」ということは料金のことだろうか?と思いながら、門を出る。
門柱に「緑風苑」と書かれた小さな表札が出ているのに気が付いた。

時計を見ると、まだ6時前。
ここからなら、六本木に出て、どこかで休憩を兼ねて食事をしてから、街を流そう。
そう決めると、私は石川台駅への道を歩き始めた。

(了)


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

独立 5

休息も束の間だった。

お尻を持ち上げられ、腰の下に、枕を二つ重ねて押し込まれる。
両手が使えないので、それだけで、身体が深く折りたたまれた形になってしまう。

両足が大きく開かれ、その間に永沢さんの身体が入ってきた。
斜め上向きになったアナルの入口に、硬度を回復した肉棒があてがわれる。

永沢さんが、のしかかる。
肉棒が柔らかなアナルにズブズブと侵入して、根元まで打ち込まれる。
体重がかかり、身体の下になった手首が少し痛いが、柔らかな布団の上なのでなんとか我慢できる。

両足が永沢さんの肩に乗せられ、ピストン運動が始まる。

ただれたアナルの粘膜を肉棒が出入りする感触に、思わず声が出てしまう。

「ああっ、いいぃ、ああ、いい、ああ、いい、感じる、感じる」

女の子のように下になって、抗うこともできずに犯されていることが、被虐の興奮を加速する。

永沢さんの右手が、亀甲縄で絞り出された乳房の先端に勃起した乳首を捻る。

電流が身体を貫く。

「おお、いいっ、いい、ああ、感じちゃう、いっちゃう、もういっちゃう、来て、来て」

永沢さんのピストンが早くなった。

「ああ、いく、いくいく、いく~~ぅ!」

永沢さんが腰の動きを止めて、覆いかぶさってくるの感じながら、意識が遠くなった。
プロフィール

風祭順子

Author:風祭順子
10年前まで、男性として大学講師をしていました。
その後、女装マゾの世界に溺れ、とうとうニューハーフ娼婦に堕ちました。
約8年間、毎週2~3日、娼婦として男性の性欲のお相手をする日々を過ごしました。

このブログでは、「なぜ、私は堕ちたのか?」、そのいきさつを書いてみようと思います。
画像は、4年前の私の姿です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。