FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露出調教6(破滅への道)

「おっさん、見てばかりいないで、こいつにしゃぶってもらいな。どうせ、俺1人じゃ満足しないド淫乱なんだから」

目の前に何かが突き出された。
目の焦点を合わせると、覗きオヤジのチンポだった。
貧相な体つきなのに、意外にもチンポは太竿で立派だ。
ツンとすえたような臭い。
でも、拒否は許されない。

しゃぶる。苦いようなすっぱい味。

「順子、徹底的に調教してやるからな。覚悟しろ。ド淫乱の変態マゾに仕込んで、身体ももっと変態女っぽくして、俺に飽きられても客を取って暮せるようにしてやるよ」

坂崎さんの、ピストン運動が激しくなってきた。

頭の中が白くなっていく。
アナルの奥で何かが爆ぜた。
その瞬間、頭の中で白い光が爆発し、ポーンと宙に飛んだ感じで気が遠くなった。


「ほら順子、顔をこっちに向けろ」

気が付いたら、坂崎さんがカメラを構えていた。

さっき臭いチンポをしゃぶらされた覗きオヤジが、何時の間にか後ろに回り、私のアナルをズゴズゴと使っている。
知らないおじさんのチンポは、坂崎さんほど長くはないが、抜き差しのときに引っ掛かるほど雁が張っている。
いちばん敏感な入口の粘膜を刺激されて感じてしまう。

「お姐ちゃん、いい具合だ。まるで本物の女のマンコみたいだよ」

オヤジがそう言うのを聞いた坂崎さんが、また言葉で嬲る。

「どうだ、順子、おっさんの生ちんぽ入れてもらって、気持ちいいか?」

「あはぁ~あ~んあぁ~はあ~あぁ~いい、いいですぅ、知らないおじさんのぶっとい生ちんぽ、気持ちいい、ああ、いっちゃう、いっちゃう」

コックリングで肉棒の根元をきつく狭窄されているので射精はできない。
その代わり、連続的に何度も上り詰める。
また、頭の中がどんどん白くなっていく。

ストロボの連続発光。

夜の森で、どこの誰とも知らない男に犯されて、口からよだれを垂らしてよがり狂い、股間の肉棒の先端からコックリングでも堰き止め切れない白い粘液の糸を引いている写真を撮られてしまった。

写真は、以前のプレイの時にも撮られているが、これでますます坂崎さんに逆らえなくなった。

もうどこまで堕されるのか、彼の思いのままだ。

さっきの言葉のように、私を徹底的に変態露出マゾに仕込み、飽きたら、客を取らせるつもりだろう。

そんなことになったら、身の破滅であることがわかっていながら、どこかでそれを期待している自分が怖い。

のぞきおやじのザーメンが、アナルの奥に発射された。

チンポが抜かれると、支えを失ったように、私はベンチに倒れこんでしまった。

アナルからザーメンが垂れているのがわかるけど、もう体が動かない。
その惨めな姿に、またストロボの光が浴びせられる。

プレイの後は、腰が抜けたようにへろへろ状態でまともに歩けなくなる。
坂崎さんに担がれるように車に乗せられ、ホテルの部屋まで送ってもらったのは、夜中の3時近くだった。

いっしょにシャワーを浴びて、ビール飲みながらちょっとくつろいでだ彼が帰ったのは4時を過ぎていた。

彼をドアまで見送った途端、ものすごい脱力感で、そのままベッドに倒れてしまった。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

露出調教5(見られながら犯される)

10分ほどして彼がやっと戻ってきた。

50歳くらいの貧相な知らない男を連れている。

「おっさん、しばらくそこで見物しててくれ。ほら、順子、ベンチに膝をついて上れ。尻を突き出せ」

言われた通りの姿勢を取る。
股間ベルトの接続部分の鍵が外された。

「おっさん、良く見てろよ。こいつがどんなに淫乱かすぐにわかるから」

巨大プラグが強引に引き抜かれる。

「ああっ」と声を挙げてしまう。
完全に抜かれる直前で止められ、またズブッっと突っ込まれる。

「ああ~ん、いや~ぁ」
大きな声を出してしまった。

くねられ捻じられ、出し入れされ、私は「ああ~ん、あひ~ぃ」と叫びながら、アナル責めの快感に身悶える。
この半年間の調教で、私のアナルは徹底的に拡張されただけでなく、すっかり改造されていた。
感度が数倍に高まり、アナルを責められるともうなんの抵抗もできない体になってしまっていた。

たっぷり弄ばれ、とうとう、ズボッといういやらしい音を立てて巨大プラグが抜かれた。
「あひ~~ぃ」
夜の森に響く、ひときは大きな声をあげてしまう。

「こいつ、こんな太いものを体に入れてるんだ。驚くだろう。しかも夕方に家を出てからずっと入れっぱなし、感じっぱなしってわけだ。完全な色狂いなんだよ。でもな、もっと驚くぜ」

身体の向きが変えられる。
そして、前袋からネトネトの液体にまみれたスティックが引っ張り出された。

「ほらな。こいつ、こんなでかいおっぱいしてるけど、男なんだよ」

驚いた覗きオヤジが確かめようと近寄って来る気配。

つるつるに剃りあげられた無毛の股間と、根元と雁首に二重の射精防止リングをガッチリ装着されて、男性器としての機能を封鎖されているのにもかかわらず、先端を先走りの粘液を垂らしているステックを知らない男に見られている。
屈辱感で、もう、頭がおかしくなってしまいそうだ。

「順子、ベンチの背に手を付いて尻を突き出せ」
言われた通り、ベンチを降りて、立ったまま犯される姿勢をとる。

坂崎さんは、潤滑剤をあたしの開いたアナルにたっぷり注入すると、自慢の太竿を一気に突っ込んできた。
「あっ、あ~っつ、入る、入る、いいっ、いい~ぃ」
巨大なプラグを長時間挿入されて、すっかり緩んでいるアナルは、なんの抵抗もなく人一倍大きな坂崎さんのものを受け入れていく。

ようやく、生チンポを入れていただいた快感に、あたしは「お~~ぉ、いい~~ぃ!」と叫び声を上げてしまう。

ズンズン腰を使いながら坂崎さんが言う。

「おっさん、信じられるかい。こいつ昼間は、大学の先生なんだぜ。もちろん男の。スーツにネクタイ姿で、偉そうに学生に講義してるんだってよ。それが夜になると、こんな淫乱女の格好して、広げた尻の穴を俺に掘られて、膨らませたおっぱい揺すってヒーヒー泣いてるんだぜ」

今度は、言葉責めだ。

「いやぁ、そんな話はやめて!」と叫びたかったが、アナルをえぐられる快感に声にならない。
口から出たのは、

「おぅ、おぅ、ああ、いい、ちんぽ、いい~ぃ。あはぁ~あ~んあぁ~はあ~あぁ~ああ、太いのいい~ぃ、あはぁ~あ~んあぁ~はあ~あぁ」


という、変態女そのままのよがり声だけだ。


露出調教4(夜の公園で) 

館内放送が、出口閉鎖10分前を知らせている。
昇りつめた余韻にひたっている時間はない。
よろよろ立ち上がって男子トイレの個室を出る。

洗面所で手を洗って、乱れた化粧を最低限直していると、彼にスカートとビスチェを脱ぐように命じられた。

「さっきひとりでイッた罰だ。信号待ちの時、通行人に順子のいやらしい身体を見てもらおう」

脱いだスカートとビスチェを手に持って、ウェストを締めている黒のコルセットと股間ベルトだけのおっぱい丸出しの姿で、助手席に座らせられる。

「ダッシューボードに片足を上げて大股を開け。走っている間、ずっと乳首をいじってオナニーしていろ」

命じられた通りにするしかない。

車は、終電に乗ろうと駅に向かう若者で混雑する井ノ頭通りを北に向かう。
私の破廉恥な格好に気がついた少年が、仲間に声をかけてこちらを指差している。

乳首の刺激で身体がしびれてくる。恥かしさでもう気が狂いそうだ。

pview2.jpg

やっと、Y公園に着いた。

公園の駐車場で雌奴隷の身支度をさせられる。
ビスチェとスカートは脱いだままで、赤革の首輪を付けられ、セットになっている赤革の乳枷でおっぱいを思いきり絞り出される。
一度、靴を脱いで黒のストッキングをはいて、赤いガーターベルトで吊る。
ついでにコルセットの紐をギュッと締め直されて、最後にやはり首輪とセットの赤革の後手枷をされた。

薄い網編みのロングカーディガンだけを肩に羽織った姿で、駐車場から公園の中へと歩かされる。
森の散歩道の入口まで来ると、カーディガンを取られて、首枷に1m半ほどの長さのチェーンが装着された。

チェーンで引かれながら、散歩道を公園の奥へと歩かされる。
土の地面にスパイクヒールが食い込み、よろけるように歩くのがやっと。
興奮のため寒さはまったく感じない。

森が開けたところにベンチがあった。

「座れ。股をひらけ」

命じられたとおりにする。
手が使えず、足元のバランスも悪く、座る時にお尻を落としてしまい、衝撃でプラグがズンと突き上げてくる。

乳首にクリップが付けられる。

薬(女性ホルモン)はしないのがポリシーだった私だったが、坂崎さんと雌奴隷契約を結んだ直後から、彼の命令で新宿の婦人科医院に毎週通って女性ホルモン注射をするようになった。
まだ半年だったが、よく効く体質らしく、おっぱいはすでにBカップ近くに膨らみ、乳輪も女性のように大きく濃くなっている。
乳首も小指の先ほどの大きさに肥大して、おまけに、毎週の乳首責めのたびに皮が剥けて、以前にまして敏感になっている。

「しばらく一人で楽しんでろ。俺はちょっと小便してくるから」

彼が姿を消してしまうと、もう我慢できない。
私は身体を上下にゆすってベンチにお尻を打ち付けるようにして、アナルのプラグを突き上げて刺激する。

膨らんだおっぱいが揺れるにつれて、乳首のクリップも揺れる。
不自由なオナニーだったが、しびれるような乳首の痛みが次第にマゾの快感に変わっていく。

こんな変態的な格好で夜の森に取り残された不安と、すっかり淫乱女になってしまった自分の姿に興奮して、頭がおかしくなりそうだ。
「ああ、ああ~っ、気持ちいい、感じちゃう、順子、感じる、いく、いくいく」
夜の森に変態女のよがり声が響く。

露出調教3(男子トイレで) 

車を駐めてある地下駐車場に一緒に降りる。

「おしっこしておかなくて大丈夫かい」
「はい、じゃあ、させていただきます」
と言っても、彼に鍵を借りて股間ベルトを外さないと、おしっこはできない。

連れて行かれたのは、地下駐車場の男子トイレだった。
「そんな、いや!」
初めて逆らってしまった。

「俺に女子トイレに入れって言うのかよ。先に見てきてやるから。・・・ほら、大丈夫だよ、中には誰もいないから」

仕方なく男子トイレに入り、スカートをまくって股間ベルトの鍵を開けてもらい、個室に入ってドアを閉めようとすると、
「駄目だ。さっき逆らった罰だよ。ドアを開けたまましな。・・・早くしないと誰かが来ちゃうぞ」
と言われる。

泣きたい思いで、中腰の姿勢でアナルのプラグを抜いて便座に腰を下ろす。
「ベルトを汚してしまうぞ。俺が持ってやろうか」

彼が個室に入ってきて、垂れ下がったベルトを持ってくれる。
前袋の中はねばねばの液体でもうぐじょぐじょ。
ひどい状態になっている。
射精防止のリングが外され解放された途端、チョロチョロ、シャーッとおしっこが流れ出てしまった。

排泄を見られた恥かしさで虚脱状態になり、すぐに動けない。
でも、駐車場の閉鎖時間が迫っている。
ぐずぐずはできない。
ステックをぐじゅぐじゅの前袋に納め、プラブを挿入して鍵をかけてもらう。

「そんなに濡らしちゃって、順子、おまえはほんとうに淫乱マゾだなぁ。かわいそうだから、ここで少し楽しませてさせてやろうな」

彼はそう言いながらズボンを降ろすと、あたしをもう一度便器の蓋に座らせて、目の前に自慢の大振りのペニスを突き出した。

「ちんぽ、欲しいか?」
「はい、変態マゾの順子はちんぽ欲しいです」
「よし、しゃぶれ」

あたしは、むしゃぶりつくようにそれを口に含む。
彼の両手があたしの肥大した両乳首を引っ張り、ひねりあげる。
あたしは、乳首責めの快感にうめきながら、右手で彼のペニスの根元をしごき、腰をゆすってお尻を便器の蓋に押し付けて、プラグを刺激する。

誰かがトイレに入ってくる気配がした。
男性が用を済ませる音がする。

自分が、男子トイレで、男性のペニスをおしゃぶりしながら、いきそうになっている淫乱マゾ娘であることが実感された。

身体中が、カアーッと熱くなり、頭の中がどんどん真っ白になっていく。
太腿からつま先までがブルブル震えて、あたしは一気に昇りつめた。


露出調教2(渋谷の街で) 

渋谷道玄坂下の東急109の前で、車から降ろされる。

「車を駐めてくるから、そこで待っててくれ。10分くらいで戻るから」

平日とはいえ渋谷の繁華街、夜11時前でもまだ人通りは絶えない。
渋谷は10代の若い男女が多いので、新宿に比べて視線に遠慮が無くて、すごく恥ずかしい。
時間の流れがとてもゆっくりのように感じる。

バッグの中の携帯電話が鳴る。彼からだ。
「そのまま道玄坂を上がれ、携帯はつないだままにしておけ」

足首が伸びた9cmのピンヒールで、しかも身体に太い物を挿入された状態で、坂を上がるのがどれほど辛いか、経験者じゃないとわからないだろう。
ほんの小股でゆっくり上がるしかなく、余計に人の視線を集めてしまう。
それでも、一歩進むたびにプラグが突き上げてくる。

坂の途中まで来た時に「何か落として拾え」と指示された。
道玄坂は、けっこう急坂なので、股下数cmの超マイクロミニだと、普通に歩いていても坂の下方から覗けば、お尻の肉が覗いてるはず。
何かをわざと落として拾うとき、膝を曲げて屈むことは許されないから、白いお尻の肉に食い込んでる股間ベルトが丸見えになってしまうだろう。

でも、指示には逆らえない。
ハンカチをわざと落として、携帯電話を持った左手で拾おうとした。
その時、左のおっぱいが、ハーフカップのビスチェからポロッとこぼれてしまった。

お尻の露出の方にばかり意識が行っていたし、左手には携帯を持っていたし、右手はショルダーバッグを押さえていたので、対処が完全に遅れてしまった。
ちょうど坂上から歩いてきた若いビジネスマンの2人組に乳首までしっかり見られてしまった。
こっちも焦ったけど、あっちも相当に驚いた顔をしていたと思う。

道玄坂の途中に「百軒店」というアーケードがある。
渋谷円山町のラブホテル街への入口だ。
次の指示は、そこに「しばらく立っていろ」というもの。

ラブホテル街の入口に私のようなファッションの女が一人で立っていたら、人目を引かないはずはない。
若い男の子の集団に口笛を吹かれて冷やかされたり、若いアベックが露骨な蔑みに視線を浴びせたり、女子高校生の3人組が、私を指差してケラケラ笑いながら通っていく。

下半身のしびれた感覚がますます強くなり、股間全体が汗よりも粘っこい液体で、じっとり濡れてきてるのが、はっきりわかる。

10分くらい立たされた後、今度は「そのままホテル街を抜けて、東急文化村の前まで来い」という指示。

こんな格好でラブホテル街を歩くなんて、死にたいほど恥ずかしいけども仕方がない。
でも早く歩きたくても9cmヒールでは無理。
起伏の多い道をおぼつかない足取りでゆっくり歩いていくしかない。

歩くたびプラグが微妙な動きをして、ときどき立ち止まらないと、歩いたままイッちゃいそうになる。

なんとか我慢しようと思っていたのだが駄目だった。
文化村の通りに下る急坂の途中で、とうとう小さくイッてしまった。
腰と膝の力が抜けてしまい歩けない。
ラブホテルの外壁にもたれて息を整えている私を、通りがかりの男が嘗めるようないやらしい視線で眺めいく。

建物の壁に背中をつけて支えにしながら、横向きに少しずつ下りて、やっとの思いで、文化村の前までたどり着いた。

肩を叩かれて振り向くと彼だった。ずっとあたしの後を歩いて来ていたらしい。

「さっきのおっぱいポロリは傑作だったな。わざとだろう」と言われる。

そうじゃなくても、逆らうことは許されない。
「はい、そうです」
と答えるしかない。

それが変態マゾの性奴の作法だから。

露出調教1(身支度)

1996年9月26日(木)

あれは、真夏の熱気がようやく去った9月の末のことだった。

午後の仕事を終えた私は、19時過ぎ、大きな布バックをもって、予約してある西新宿のホテルの部屋に入った。

シャワーを浴び、濃い目の化粧をし、身支度をして待っていると、21時を過ぎて、ようやく坂崎さんが迎えに来てくれた。

彼は40代前半の映像製作会社の社長。
半年ほど前、新宿のある女装スナックで出会った。
誘われるままに、その晩、歌舞伎町のラブホテルへ。

調教マニアの彼は、最初のプレイで私のマゾ性を見抜いたらしい。
2度目のデートのときは、最初から責めモードだった。

責めの苦痛が快楽に変わる中で、私は1年間の期限で、彼の女装奴隷になることを約束させられ、後日、詳細な奴隷契約書にサインさせられた。

でも、まさかここまで本格的だとは・・・。

以来、ほぼ毎週1度のペースで露出狂の変態マゾ娘に仕込まれている。

坂崎さんの調教は容赦ない。

徹底的な乳首責めとアナルの拡張。
バイブでアナルの快感を開発され、アナルの刺激だけで何度もイケる身体にされてしまった。

調教は、日常生活にも及んでいた。
この数カ月、坂崎さんに服装を完全管理され、最初に男物の下着類はすべて処分されてしまった。
だから、男姿の時も女物のショーツを履かなければならない。

次に巨大アナルプラグが着いた革の股間ベルトの常時着用が義務付けられ、眠る時を除いて、いつもアナルを拡張されている。

男物のスーツにネクタイ姿で大学の教壇に立っている時も、実は強力なコルセットでウェストを締め上げ、杭のようなプラグでアナルを拡張されているのだ。

それがどれだけ屈辱的なことか・・・。

前回、野外プレイを予定していた日があいにくの雨だったので、今夜は久しぶりの野外露出調教プレイだ。

まずファッションを点検される。

事前に指定されていたファッションは、1ヵ月前のデートのときに買い与えられた、おっぱいがこぼれそうな真っ赤なハーフカップのビスチェに、黒の人工皮革の超マイクロミニという露出狂的ファッション。

「スカート、少し長いなぁ、もう一つ折ってみろ」

もともと総丈36cmのマイクロミニ、股下5cmもない。
そのウェストを一折したら、本当に股下2cmになってしまう。
でも、坂崎さんと私との契約では、服装のことで逆らうことは許されない。
言われたとおりにスカート丈を調整する。

「ビスチェのストラップ、もっとゆるめられるだろう。ほらこのくらいに」
ビスチェが2cmほど下げられてしまい、もう本当に乳輪が見えるぎりぎり、最近めっきり膨らんできたおっぱいがボロッとこぼれそうで怖い。

「下はどうなってるんだ?」
スカートをめくられて、黒革の股間ベルトを点検される。
彼と会うときは、ショーツを履くことは許されない。
いつもこの前袋とアナルプラグが付いた革の股間ベルトを締めていないといけない。

「後ろは?」
「はい、4.5cmを入れてます」
4.5cmというのは、言うまでもなくアナルプラグの直径のことだ。

股間ベルトをグッと引き上げられる。

「よし。鍵は?」
「はい、ここに」
カチッと小さな音がして、尻の割れ目のあたりにあるベルトの継ぎ目がロックされた。

「靴はどうした?」
「はい、7.5cmと9cmと・・・」
「9cmに決まってるだろう」
たしかに指定されたのは、9cmヒールだった。
でも9cmだと足首の関節が延びてしまい、部屋の中ならともかく、外歩きはとてもつらい。
ぐずぐずしていたら、後でどんな責めが待ってるかわからないので、9cmのハイヒール・サンダルを履いて、足首のストラップに小さな鍵をかけて、彼に手渡す。

「これでいいだろう。どうだ、順子、鏡に写してみろ」
姿見に全身を写してみると、自分がどんな恥ずかしいファッションか、よくわかる。
完全な露出狂だ。
頭の中がもう3分の1くらい白くなって、下半身がジーンとしびれてきてしまう。

「よし、出かけるぞ」
彼の声がなんだか遠くに聞こえた。

プロローグ

何かの拍子に、ぽかっと意識の膜に穴があき、封じ込めていたはずのものが表面に出てくることがある。

金曜日の夜がそうだった。

今夜、3人目のお客のザーメンを身体の奥に受けとめた午前2時。

シャワーを浴びた男が、

「とてもよかったよ。また次の出張のときに、連絡するから、よろしく」

と言い残して、部屋から出て行った。

カチャというドアの閉まる音がきっかけだった。

自分は何をしているのだろう?
なんでこんなことになってしまったのだろう?

歌舞伎町の奥の馴染みのラブホテル。
シーツが乱れたベッドの脇にたたずみながら、突然、そんな疑問が頭に浮かんだ。

先ほどまで、男に揉みしだかれていた見事なDカップの乳房を見れば、そんなことを考えたところで、意味がないことは、すぐにわかるのに。

もう絶対に、元には戻れないのだから。

そう思っても、一度、意識の表面に出てしまった思念は容易には消えない。

あれは、そう、たった3年前のことだった。

プロフィール

風祭順子

Author:風祭順子
10年前まで、男性として大学講師をしていました。
その後、女装マゾの世界に溺れ、とうとうニューハーフ娼婦に堕ちました。
約8年間、毎週2~3日、娼婦として男性の性欲のお相手をする日々を過ごしました。

このブログでは、「なぜ、私は堕ちたのか?」、そのいきさつを書いてみようと思います。
画像は、4年前の私の姿です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。